大蓮寺の花蓮

HOME > 大蓮寺の花蓮

■大蓮寺の花蓮


大蓮寺の本堂前には、花はすの鉢があります。
うちの寺名は、文字どおり大きな蓮の咲く寺であり、蓮は、阿弥陀経でも極楽に咲く花として説かれておるように仏教とは縁の深い花です。
大蓮寺の花はすは、白、赤、黄、ピンク等40数品種あり、6月下旬から8月中旬頃まで咲きます。(全盛は7月中)

lotus_white.jpg    lotus_pink.jpg

■六勝寺の礎石


岡崎の檀家さんから庭石として寄付されたものですが、その方の当時住まわれていた場所からしてどうやら、応仁の乱以前に京都にあった「勝」という字のつく大寺院のうちの筆頭寺院、法勝寺(今の岡崎動物園あたり)の建物の礎石らしいです。
京都の歴史にとって大変稀少なものです。

礎石